2019.3.16 12:24

堀内恒夫氏「体が冷たくなって死んじゃうかと思ったよ」財布騒動を振り返る

堀内恒夫氏「体が冷たくなって死んじゃうかと思ったよ」財布騒動を振り返る

堀内恒夫氏 

堀内恒夫氏 【拡大】

 プロ野球元巨人監督の堀内恒夫氏(71)が16日、ブログを更新。14日に「財布をすられた」と告白したが、自身の勘違いで自宅にあった騒動を振り返った。

 「家を出る前にセカンドバックの中の黒い手帳をお財布と勘違いしたのが始まりでね 持ってると思い込んでたんだなぁ」と反省。「で、ありがたいことに帰る直前までお財布を出すことがなかったのよ。それで孫にお土産を買おうかなと思ったところで気がついたってわけ」と経緯を説明した。

 「不思議なもんでさないとわかった途端に足がすくんじゃってね 体が冷たくなって死んじゃうかと思ったよ」と苦笑。「帰ったら息子まで心配して家に来てくれてさぁ 何を心配って親父、ボケてないか、って」と明かし、「いやいや俺も自分が心配だよ」とボヤキがとまらなかった。