2019.3.16 14:41

ソフトB・グラシアル、“新生ハマスタ”1号

ソフトB・グラシアル、“新生ハマスタ”1号

3回、先制3点本塁打を放ちポーズを決めるソフトバンク・グラシアル=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

3回、先制3点本塁打を放ちポーズを決めるソフトバンク・グラシアル=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 改修が進む横浜スタジアムで、今季初のプロ野球開催となるDeNA-ソフトバンクが16日に開催された。

 右翼上部の「ウィング席」、バックネット裏の「NISSAN STAR SUITES」などが新設されるなど、2020年の完工へ向けて一部がリニューアルされた“新生ハマスタ”。1号はソフトバンクのグラシアルだった。0-0の三回2死一、三塁からDeNAのD1位・上茶谷(東洋大)のカットボールをとらえ、低い弾道で右翼席に運んだ。

 ホームのDeNAは0-3の四回2死二塁で中井が、ミランダの変化球を左前適時打び、チームの初打点を挙げた。中井は昨オフに巨人を自由契約となり、DeNAに加入した。

試合結果へオープン戦日程へ

  • 3回、3点本塁打を放つソフトバンク・グラシアル=横浜スタジアム(撮影・中井誠)