2019.3.16 17:53

DeNA・ラミレス監督、上茶谷4失点も「トータルで見て悪くはなかった」

DeNA・ラミレス監督、上茶谷4失点も「トータルで見て悪くはなかった」

7回、選手交代を告げるDeNA・ラミレス監督(中央)=横浜スタジアム(撮影・中井誠)

7回、選手交代を告げるDeNA・ラミレス監督(中央)=横浜スタジアム(撮影・中井誠)【拡大】

 (オープン戦、DeNA1-4ソフトバンク、16日、横浜)DeNAのドラフト1位新人、上茶谷(東洋大)は追い込んだ後の失投を打たれ6回4失点だった。三回に浴びたグラシアルの3ランは、フルカウントからカットボールを捉えられたもの。「決め球が中に入ったケースがあった」と反省した。

 それでも失点した場面以外は安定感があった。ラミレス監督は「球速は出ていたし、テンポもよかった。トータルで見て悪くはなかった」と前向きに評価した。

国吉(157キロをマークし1回を三者凡退)「今日が良くても、次が良くないと意味がない。一試合一試合が大事」

ミランダ(5回2安打1失点)「いろいろな球種を使ってカウントを整えたり、勝負したりすることができた」

試合結果へオープン戦日程へ

  • 2回、力投する先発のDeNA・上茶谷=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 先発のDeNA・上茶谷=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 2回、力投する先発のDeNA・上茶谷=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 3回、ソフトバンク・グラシアルに先制3ランを浴びた先発のDeNA・上茶谷=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)