2019.3.16 13:20

DeNA・筒香、「4番DH」で復帰 高卒ルーキーが気圧された主砲のオーラ

DeNA・筒香、「4番DH」で復帰 高卒ルーキーが気圧された主砲のオーラ

特集:
筒香嘉智

 左ふくらはぎの張りで離脱していたDeNA・筒香嘉智外野手が16日のソフトバンク戦(横浜)で「4番・DH」で復帰した。実戦は2日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来となる。

 明るい表情で打撃練習や守備練習、走塁練習もこなすなど、復調をアピールした筒香。別メニュー調整中の筒香は14日に神奈川・横須賀市のベイスターズ球場でシート打撃を行い、高卒ルーキーと“対戦”していた。

 D4位・勝又(日大鶴ケ丘高)は筒香に対し左中間打、四球だった。対戦後には「オーラがすごい。当てちゃいけないと緊張しました。抑えたくて、打たれないように思っていたら力んじゃいました。どこに投げても打たれる感覚というよりは、打たれました」と苦笑い。それでも「すごく勉強になりました」と振り返った。

 育成D1位・宮城(滋賀学園高)は二ゴロ2本という結果だった。「前の日から筒香さんに投げると言われていたので、それだけでも自慢できるなと思っていました。楽しみにしていました」と笑った。実際に打席に立った筒香と直面すると「感じたことのない雰囲気でした。投げる前から打たれそうな感じがしました。普段は(筒香に)投げることがないので、いい経験になりました」とうなずいた。

 国内トップクラスのスラッガーとの対決は2人の高卒ルーキーにとって、大きな収穫となった。