2019.3.15 21:25

阪神・メッセが完璧投球、矢野監督「心配ない」

阪神・メッセが完璧投球、矢野監督「心配ない」

先発の阪神・メッセンジャー=鳴尾浜球場(撮影・山下香)

先発の阪神・メッセンジャー=鳴尾浜球場(撮影・山下香)【拡大】

 5年連続6度目の開幕投手を務める阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が15日、2軍の大商大との練習試合(鳴尾浜)に先発し、視察した矢野燿大監督(50)の前で6回をわずか66球、2安打無失点と完璧な投球を披露した。

 「いいところでリリースできたり、コントロールよく投げられたことが収穫だと思います。彼ら(大商大打線)は低めのフォークを見逃したり、いい仕事をしていたね」

 四回の先頭打者に三塁内野安打を許すまで、パーフェクト投球。球場スピードガンでは最速143キロも直球に威力はあり、カーブもさえた。まともなヒットは六回の中前打のみと貫禄たっぷりの内容で、相手を寄せ付けなかった。

 矢野監督も「自分のやることに徹してというか、すごく丁寧に投げているなという印象。心配ないというか。もう(調整を)任せているピッチャーやからね」と全幅の信頼を寄せた。

 次回登板は22日のオリックス戦(京セラ)が有力。29日の開幕ヤクルト戦と同じ舞台で、同じナイター。いよいよ最後の仕上げに入る。