2019.3.15 05:02

履正社、練習試合で関大に勝った!プロ注目の井上が4の3/センバツ

履正社、練習試合で関大に勝った!プロ注目の井上が4の3/センバツ

大学生相手に大暴れした井上。選抜でも楽しみだ

大学生相手に大暴れした井上。選抜でも楽しみだ【拡大】

 選抜高校野球(23日開幕、甲子園)に出場する履正社(大阪)が14日、大阪・茨木市内の自校グラウンドで関大と練習試合を行い、4-2で勝利。プロ注目の4番・井上広大外野手(2年)は1本塁打を含む4打数3安打2打点と自慢の長打力を披露した。選抜の組み合わせ抽選は15日に行われる。

 大学生が相手でも力負けはしない。プロ注目の4番・井上が左中間へアーチを架けた。選抜に向けて仕上がりは順調だ。

 「打撃ではいつも当ててばかり。きょうは大学生が相手ということもあって初球からフルスイングしていこうと思った」

 2-1の六回だった。第1、2打席で快音を響かせた勢いそのままに、1死一塁で直球を逃さず振り抜いた。高校通算26号にはフルカウントまで追い込まれたことへの反省が口をついたが、初球のときには遅れていた始動を修正し、最高の結果につなげた。

 その長打力に目を丸くしたのは敵将の早瀬万豊監督だ。「体が大きい。右打ちの安田くん(尚憲、現ロッテ)みたい」とドライチOBと重ねる。

 井上は冬の間、ボールを強くたたき、回転をかけて遠くへ飛ばす練習を繰り返した。対外試合解禁後、3本の本塁打のうち2本は逆の右方向。その成果もしっかりと示している。

 「どこのチームが来てもいい投手ばかり。打ち勝ちたい」

 頼もしい4番が打線をけん引し、聖地初Vへと導く。 (須藤佳裕)

センバツ出場校へ歴代優勝校へ