2019.3.14 12:40

中日D1位・根尾は「2番・遊撃」でオープン戦初スタメン

中日D1位・根尾は「2番・遊撃」でオープン戦初スタメン

特集:
2019新人情報
試合前練習、中日・与田監督(左)と井端弘和氏(右)と会話する中日・根尾=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)

試合前練習、中日・与田監督(左)と井端弘和氏(右)と会話する中日・根尾=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が14日のオープン戦・西武戦(ナゴヤドーム)に「2番・遊撃」で先発出場。

 前日13日の阪神戦(ナゴヤドーム)で1軍デビュー。七回の守備から遊撃で出場し、八回の打席でボール球に手を出して空振り三振に。「ストライクを(2球連続で)見逃したのが一番大きかった。もっと振っていかないと。しっかりと反省して、あしたの試合にのぞみたい」と決意を新たにしていた。

 この日は、試合前練習が終わると、大阪桐蔭高の5年先輩、西武・森友哉捕手のもとを訪れてあいさつ。根尾はハッパをかけられ、深々と頭を下げていた。