2019.3.14 05:03(1/2ページ)

「今年はひょっとしますよ」オリ・宮内オーナー、23年ぶり優勝の予感

「今年はひょっとしますよ」オリ・宮内オーナー、23年ぶり優勝の予感

「今年は、ひょっとしますよ」と笑顔であいさつする宮内オーナー(撮影・中島信生)

「今年は、ひょっとしますよ」と笑顔であいさつする宮内オーナー(撮影・中島信生)【拡大】

 オリックスの宮内義彦オーナー(83)が13日、大阪市内のホテルで開かれた「2019年度 オリックス・バファローズ 激励パーティー」に出席。「今年はひょっとしますよ、と、みなさんに言いたい」と参加者の期待をくすぐるあいさつを行った。主力選手が相次いで流出したが、「過去の実績でビックネームになる。これからビッグになっていく選手がここにいる」とニュースターの誕生を予言した。

 会場に詰めかけた約1600人の来場者に、宮内オーナーが語りかけた。新チームの手応え、ニュースターの誕生-。“宮内節”を交えて、手応えを明かした。

 「ビッグネームはない。しかし若手が育って、各ポジション、3人ぐらいが競争している。極めて高いレベルで競争をしている。きょうのところでも、9人並べたら、どういう名前になるか分からない。そういう意味で、今年はひょっとしますよ、と、みなさんに言いたい」

 マイクを握り、優しい口調で、23年ぶりのリーグ優勝の予感を口にした。昨年末、金子が日本ハムへ、西は阪神にFA移籍し、中島は巨人へ。主力が次々とチームを去った。西村新監督を迎えたが、選手は若手主体。世間の評価は決して高くない。だが、総帥は「過去の実績でビッグネームになる。今シーズンのことを考えると、過去の名前は何も意味がない」と言い切った。

 壇上のオーナーの後ろには大勢のホープたちが並ぶ。可能性を持った金の卵たち。「これからビッグになっていく選手たちがここにいる。ビッグネームがこの中から生まれることを期待したい」と、オリックスを担う新たなスターの誕生を心待ちにした。

【続きを読む】

  • 激励パーティーの壇上で挨拶するオリックス・宮内オーナー。後ろは西村監督=帝国ホテル大阪(撮影・中島信生)