2019.3.13 17:57

ロッテD1・藤原に本拠地マリンの洗礼 強風で中飛を捕球できず

ロッテD1・藤原に本拠地マリンの洗礼 強風で中飛を捕球できず

特集:
2019新人情報
3回、ヤクルト・広岡の打球を見てフェンス付近まで下がるも再び前進するロッテ・藤原=ZOZOマリンスタジアム(撮影・長尾みなみ)

3回、ヤクルト・広岡の打球を見てフェンス付近まで下がるも再び前進するロッテ・藤原=ZOZOマリンスタジアム(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (オープン戦、ロッテ5-9ヤクルト、13日、ゾゾマリン)ロッテ・ドラフト1位の藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=が13日、ヤクルトとのオープン戦(ZOZOマリン)に「1番・中堅」でフル出場し、5打数1安打2三振。中堅守備で本拠地の洗礼を浴びた。

 三回1死一塁。広岡の打球が中堅に上がり、藤原は落下点を予測して一旦は背走。だが。風速15メートル前後の強風で打球は本塁方向へ戻された。藤原は慌てて前進も中前に落ちる二塁打となり、5点目を許してしまった。

 「自分のミスです。投手に迷惑をかけてしまった。2回目はないようにしたい」

 それでも、先頭で迎えた六回の打席で小川から右前打。三回に二飛に打ち取られたカットボールを今度は捉えた。この一打が口火を切り、5点を奪って一度は同点に追いついた。

 「ヒットが出たことはよかったですが、それ以外の打席の内容が悪かったです」。大阪桐蔭高で同級生だった中日D1位・根尾が1軍デビューしたが「僕も三振しているので何もいえないです」と話した。

試合結果へオープン戦日程へ