2019.3.13 15:00

西武OBの長田氏らが保育園訪問

西武OBの長田氏らが保育園訪問

子供たちに「幼児向けボール」を渡す西武OBの3氏

子供たちに「幼児向けボール」を渡す西武OBの3氏【拡大】

 西武のOBで現在アカデミーコーチを務める長田秀一郎、吉見太一、宮田和希の3氏が12日、埼玉県所沢市の「社会福祉法人 松の実会 アンドレア保育園」を訪問。「幼児向けボール」の贈呈をし、園児85人と交流を図った。

 西武は今年、同社の地域コミュニティー活動「L-FRIENDS」の一環で埼玉県内の保育施設500箇所に、園児が安全に遊ぶことができる「ライオンズ幼児向けボール」計1万5000個を贈呈することを決定。2018シーズンの主催試合開催日にスポーツ・野球振興を目的に販売していた『ライオンズ野球振興カード』の売り上げの一部を使用して、本ボールを製作した。西武は今後も、子供たちが野球やボール遊びに親しんでもらえるような活動や環境整備を続けていく予定で、長田氏は「このボールを使って楽しく遊んでください」と園児に呼びかけた。

 同保育園の理事長・園長の粕谷昭美さんは「今日の子供たちはいつも以上に外遊びを楽しんでいるように見えました。これからもこのボールを使って投げたり、打ったりして遊んでほしいですね」と話した。また園児がボールを打っている間に他の園児から応援の声があがったシーンを振り返り、「チームワークや仲間意識が生まれるきっかけにもなると思います」と目を細めた。