2019.3.13 12:15

中日D1位・根尾が電撃1軍昇格!初のナゴヤドームに「ここでしっかりプレーしたい」

中日D1位・根尾が電撃1軍昇格!初のナゴヤドームに「ここでしっかりプレーしたい」

特集:
2019新人情報
打撃練習する中日・根尾=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)

打撃練習する中日・根尾=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)【拡大】

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が13日のオープン戦・阪神戦(ナゴヤドーム)で1軍に“電撃昇格”した。

 根尾は前日12日の教育リーグ・ソフトバンク戦(ナゴヤ球場)の六回、ソフトバンク・中田から二塁内野安打。実戦3試合目、7打席目で初安打を放ち、小笠原2軍監督も「しっかりバットを振れているし、もう(右ふくらはぎ痛が完治し)制限もなくなった」と1軍昇格にゴーサインを出した。

 ナゴヤドームでの初練習後、根尾は「独特の芝(人工芝)なので、早く慣れて、ここでしっかりプレーしたい」と意気込みを語った。

 与田監督は「きょうは打席には立たせます。明日(14日の西武戦)、スタメンで使うか、は、きょう(の内容を)見て判断します」と明かした。

 根尾は試合開始(午後2時)4時間半前の午前9時半にナゴヤドームに姿をみせると大勢の報道陣に囲まれる中、打撃練習などで“1軍デビュー戦”に備えた。