2019.3.13 18:16

広島・会沢、驚異的な打率7割6分9厘「もっと納得できる内容を」

広島・会沢、驚異的な打率7割6分9厘「もっと納得できる内容を」

2回、中前ヒットを放つ広島・会沢=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

2回、中前ヒットを放つ広島・会沢=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 (オープン戦、広島5-1日本ハム、13日、マツダ)広島の会沢が2安打を放ち、オープン戦はこれで13打数10安打、打率7割6分9厘と驚異的だ。日本ハム開幕投手の上沢に対し、二回に高めの直球を中前に運ぶと、四回は外角変化球を再び中前へ。強打が魅力の捕手は「率は気にしていない。もっと納得できる内容を求めて打席に入りたい」と貪欲だった。

 守備でも大田の二盗を阻止するなど、存在感を発揮し「オープン戦はどんどん走ってくる。しっかりシーズンに向けて準備したい」と話した。

レグナルト(九回を3者三振)「いつもと気持ちは一緒。ストライクをしっかりと投げて、ゾーンで勝負する。そのことを考えて臨んだ」

試合結果へオープン戦日程へ