2019.3.13 16:06

広島・野村が日本ハム戦で4回1失点の粘投

広島・野村が日本ハム戦で4回1失点の粘投

1回、先発の広島・野村=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

1回、先発の広島・野村=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 広島・野村祐輔投手(29)が13日、日本ハムとのオープン戦(マツダ)に先発し、4回を5安打1失点に抑えた。

 「きょうは良い感じで投げることができた。70点ぐらいですかね。ボールを低めに集めることができたし、持ち味を出せたと思います」

 課題の立ち上がりを克服した。一回に先頭の浅間をカットボールで左飛に打ち取ると、続く大田をシュートで遊ゴロ、西川をチェンジアップで投ゴロに料理し、1イニングわずか11球の好スタートを切った。

 3-0の四回、先頭の西川にスライダーをとらえられて、右翼へソロを浴びたが、失点はこの1点のみ。すでに開幕ローテ入りを決めている右腕は「全部の球種を使って抑えないといけない。持ち味を出せるようにしっかり準備をしたい」と静かなる闘志を燃やした。

試合結果へオープン戦日程へ