2019.3.13 14:36

広島・床田が14日のオリックス戦で大阪凱旋登板

広島・床田が14日のオリックス戦で大阪凱旋登板

 広島・床田寛樹投手(24)が14日のオリックスとのオープン戦(シティ信金)に先発する。兵庫出身で大阪・箕面(みのお)学園高、岐阜・中部学院大を経て2017年にドラフト3位で広島入りした左腕は高校時代に過ごした大阪での登板を前に「インコースへツーシームを良い感じで投げることができている。内角、外角にしっかりコントロールできるようにしたいです」と気合十分。前回5日の巨人戦(マツダ)は4回無失点で開幕先発ローテーション入りに当確ランプを灯した。今キャンプ中の紅白戦を含む実戦4試合で12回を無失点の“ミスターゼロ”は「もし失点したとしても、最少失点で抑えられるようにしたい」と意気込んだ。