2019.3.12 05:02

ヤクルト・ライアン、“時短投球”目指します!「球数減らしたい」

ヤクルト・ライアン、“時短投球”目指します!「球数減らしたい」

小川(左)は仮面ライダージオウで主役を務めた俳優の奥野壮(中)、つば九郎とともに、ジオウポーズを決めた (撮影・今野顕)

小川(左)は仮面ライダージオウで主役を務めた俳優の奥野壮(中)、つば九郎とともに、ジオウポーズを決めた (撮影・今野顕)【拡大】

 3月29日の開幕戦(対阪神、京セラ)先発が決まっているヤクルト・小川泰弘投手(28)が11日、東京・渋谷区のトランクホテルでスイスの高級時計ブランド「ファーブル・ルーバ」の新作発表会に登場した。

 昨年からアンバサダーを務めており、俳優の奥野壮(18)、つば九郎らとともに新作を着用して登壇した。今季の目標とする「200投球回」達成のために描いたのが『時短テク』だ。

 「マイペースな性格だけど、早められるところは早めたい。マウンドでも生きると思う」と小川。昨季は108投球回で1861球と、1回平均で17・23球を要した。

 「僕は球数が多い。例えば本塁打のない打者には3球勝負とか、球数を減らしたい。それがイニング数につながると思う」とマウンド上でも“時間”を制する考えだ。 (長崎右)

  • 新作の腕時計をつけて俳優の奥野壮(中)と共に仮面ライダージオウのポーズを決めるヤクルト・小川(左)。右はマスコットのつば九郎=東京都渋谷区(撮影・今野顕)
  • 新作時計の発表会に出席して挨拶する俳優の奥野壮がつけた腕時計に興味津々のつば九郎。左はヤクルト・小川=東京都渋谷区(撮影・今野顕)