2019.3.12 17:56

ソフトバンク・大竹、手応えの4回1失点 工藤監督も評価「先に進んでいるのでは」

ソフトバンク・大竹、手応えの4回1失点 工藤監督も評価「先に進んでいるのでは」

投球する先発のソフトバンク・大竹=北九州市民球場(撮影・村本聡)

投球する先発のソフトバンク・大竹=北九州市民球場(撮影・村本聡)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク2-4巨人、12日、北九州)育成出身2年目の左投手、ソフトバンクの大竹は4回を投げて1失点。三回に3連打を浴びたが、最少失点で切り抜け「状態が良くない中でどう試合をつくるかを考えた。それはできたと思う」と手応えを口にした。

 一方で細かい制球に不満を残し「思ったところに投げられるように、次の登板に向けて準備したい」という。オープン戦2試合で計2失点の大竹に、工藤監督は「(先発枠入りへ)先に進んでいるのでは」と合格点を与えた。

試合結果へオープン戦日程へ