2019.3.12 11:46

鳴尾浜に続いてナゴヤでも根尾フィーバー、開門前に約800人が並び入場制限

鳴尾浜に続いてナゴヤでも根尾フィーバー、開門前に約800人が並び入場制限

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が12日午後0時30分からナゴヤ球場で行われる教育リーグ・ソフトバンク戦(ナゴヤ球場)で地元デビューする。チケット売り場にはファンが殺到し、同球場は予定よりも10分早めて11時半に開門したが、平日にもかかわらず約800人のファンが並んだ。 

 根尾は9日、教育リーグ・阪神戦(鳴尾浜)で実戦デビューしたが、試合開始(午後0時30分)2時間以上前の午前10時18分、異例の速さで入場制限がかかった。

 阪神戦(9、10日)は2試合で3打数無安打1四球。地元で“プロ初ヒット”が期待される。

 根尾は「6番・遊撃」で先発出場し、ソフトバンクの先発は開幕ローテーション候補のスアレス。ここまでメッセンジャー、ガルシア、ドリスと対戦しており、またも助っ人が相手となる。