2019.3.12 17:44

広島・西川、拙守を悔やむ 飛球が不規則変化の不運も「僕が下手くそなだけ」

広島・西川、拙守を悔やむ 飛球が不規則変化の不運も「僕が下手くそなだけ」

9回、打球を捕れないセンターの広島・西川=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

9回、打球を捕れないセンターの広島・西川=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 (オープン戦、広島0-13日本ハム、12日、マツダ)内野手登録ながら、打力を買われ、中堅で先発起用された広島の西川が拙守を重ねた。三回は鶴岡の飛球が不規則に変化したとはいえ後逸(記録は三塁打)、2走者の生還を許した。九回は田中賢の当たりに追い付いたものの捕り損ね、適時二塁打とされた。

 広瀬外野守備走塁コーチは「打球が曲がるのは初めて来たと思う。経験にしてほしい」とかばったが、西川は「僕が下手くそなだけ。練習します」と唇をかんだ。外野は肩の仕上がりに時間を要した長野がこの日初めて実戦で左翼に就くなど、移籍した丸の穴埋めに苦慮している。

試合結果へオープン戦日程へ