2019.3.11 05:03(1/2ページ)

またまた阪神D3・木浪、意地の一撃!矢野監督「開幕遊撃十分ある」

またまた阪神D3・木浪、意地の一撃!矢野監督「開幕遊撃十分ある」

特集:
2019新人情報
九回、完封負けを阻止する適時三塁打を放った木浪。勢いが止まらない(撮影・福島範和)

九回、完封負けを阻止する適時三塁打を放った木浪。勢いが止まらない(撮影・福島範和)【拡大】

 (オープン戦、阪神1-3巨人、10日、甲子園)何もできずに終わるところだった。チームも、珍しく木浪も。完封負け寸前の九回1死一塁。もうダメかというところで打てるから、やはり並外れている。右中間突破の適時三塁打で、開幕スタメンへ、また前進だ。

 「3打席ダメだったので、なんとか塁に出てつなげるという気持ちでした。(前の打席まで)全然振れていなかった。なんとか、塁に出ることだけを考えていました」

 一回からいきなり2死満塁で打席が巡るも、左腕今村に詰まらされ投ゴロ。その後も三邪飛、三ゴロと、いいところがなかった。0-3の九回。だれもが零封負けを覚悟したところで、4番手の桜井から糸原が右前打。そして続く木浪が、フルカウントからの変化球を右中間へ運んだ。一走が生還。木浪も快足を飛ばし三塁へ到達した。

 雨の甲子園のモヤモヤが少し晴れ、矢野監督も高く評価した。「あそこで0で終わるっていうのと、アレとでは全然違う」とうなずく。これでオープン戦打率・389(18打数7安打)。特に内野手陣に快音がなく、鳥谷は同・182(11打数2安打)2打点だが、キャンプMVPだった北條は同・100(20打数2安打)で3月以降は14打席無安打。指揮官はテレビインタビューで「遊撃・木浪」を問われると「十分にあると思います」と断言。いよいよ、現実的になってきた。

【続きを読む】

  • 雨具を着用する虎党に木浪は意地の適時三塁打をプレゼントした
  • 8回、ゴロをジャンピングスローで処理する阪神・北條=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 9回、巨人・ゲレーロに本塁打を浴びた阪神・尾仲=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 8回、巨人・田中俊の二盗を阻止する阪神・坂本=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 3回、敵失で出塁する阪神・マルテ=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 8回、力投する阪神・石崎=甲子園球場(撮影・福島範和)
  • 3回、巨人・炭谷の打球に反応する阪神・西=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 5回、二盗に成功する阪神・近本=甲子園球場(撮影・福島範和)
  • 4回、力投する阪神・馬場=甲子園球場(撮影・福島範和)
  • 先発の阪神・西=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 1回、左前打を放つ阪神・マルテ=甲子園球場(撮影・福島範和)