2019.3.11 16:56

巨人ドラ1・高橋が13日ソフトバンク戦へ調整 OP戦初先発「チャンスをものに」

巨人ドラ1・高橋が13日ソフトバンク戦へ調整 OP戦初先発「チャンスをものに」

3月4日、室内練習場のブルペンで投球練習を行う巨人・高橋優貴 =ジャイアンツ球場(撮影・福島範和)

3月4日、室内練習場のブルペンで投球練習を行う巨人・高橋優貴 =ジャイアンツ球場(撮影・福島範和)【拡大】

 巨人の一部投手陣が11日、川崎市のジャイアンツ球場で練習した。13日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)でオープン戦初先発を迎えるドラフト1位・高橋優貴投手(22)=八戸学院大=は、ブルペンで34球を投げるなどして調整した。

 「(開幕ローテーションを争う)勝負の中にいるのはすごくうれしく思う。なんとかそのチャンスをものにできれば」

 大事な一戦となる。前回登板した6日のイースタン春季教育リーグ、西武戦(西武第二)では5回5安打1失点で6奪三振。13日は100球程度を予定しており、開幕ローテ入りへ重要なアピールの場となる。

 相手は強力なソフトバンク打線。昨季はパ・リーグ2位のチーム打率・266を誇っており、「テレビで見ていてすごいなと思うチームとやれることに、まずうれしさを感じる。今の自分が出せるものを出して、どこまで通用するのかを試せると思うので、そのために準備していきたい」と意気込みを口にした。