2019.3.10 05:02

チーム最年少の村上、侍ジャパン初H!守備で「迷惑を…」

チーム最年少の村上、侍ジャパン初H!守備で「迷惑を…」

特集:
侍ジャパン
チーム最年少の村上は「7番・三塁」でフル出場し、六回に中前打を放った

チーム最年少の村上は「7番・三塁」でフル出場し、六回に中前打を放った【拡大】

 侍ジャパン強化試合(9日、メキシコ4-2日本、京セラ)チーム最年少の村上宗隆内野手(19)=ヤクルト=は「7番・三塁」でフル出場。六回の第3打席で、代表初安打となる中前打を記録した。

 「1本打てたのはよかったけど、守備でチームに迷惑をかけてしまったので、守備の反省からしたい」

 五回の一塁への悪送球を悔いたが、八回無死二塁のピンチでは三遊間を襲った強烈なライナーを飛びついて捕球し、三直に。「1点取られると厳しい場面だったので、なんとしても止めてやろうと思った」と意地を見せた。

 九回は先頭打者で四球を選び、2度目の出塁。「いつかは日本を代表する選手になりたいと思っている。明日(10日)はチーム一丸となって勝つことが目標」と切り替えていた。 (横山尚杜)

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • ノックを受けるヤクルト・村上(中)=京セラドーム大阪(撮影・今野顕)
  • アップする(左から)岡本、村上、大山=京セラドーム大阪(撮影・今野顕)