2019.3.10 17:50

中日・根尾は連日、虎の助っ人投手と対戦。2打数無安打も「いい投手と対戦できて感じることはたくさんあった」

中日・根尾は連日、虎の助っ人投手と対戦。2打数無安打も「いい投手と対戦できて感じることはたくさんあった」

【プロ野球教育リーグ阪神対中日】ベンチで遊撃・二塁の名手・荒木雅博コーチと話す、中日・根尾昂(左)=兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場(撮影・山下香)

【プロ野球教育リーグ阪神対中日】ベンチで遊撃・二塁の名手・荒木雅博コーチと話す、中日・根尾昂(左)=兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場(撮影・山下香)【拡大】

 中日のD1位・根尾昂内野手(大阪桐蔭高)は10日、教育リーグ・阪神戦(鳴尾浜)に「6番・遊撃」で先発出場するも2打数無安打。二回先頭でガルシアの直球をとらえたが、左翼フェンス際で失速。四回もドリスに左飛に抑えられた。前日はメッセンジャーと対戦し1打数無安打1四球だった。

 「いい投手と対戦できて感じることはたくさんあった」と振り返り、早くヒットが打ちたいかと聞かれて「毎打席、ありますよ」と悔しそうな表情。この日は初めて遊撃を守ったが、雨の中、無難にこなした。