2019.3.10 14:22

中日D1位・根尾“プロ初安打”お預け、ガルシア、ドリス相手に2打数無安打

中日D1位・根尾“プロ初安打”お預け、ガルシア、ドリス相手に2打数無安打

特集:
2019新人情報
2回、大きな左飛に倒れる中日・根尾=阪神鳴尾浜球場(撮影・山下香)

2回、大きな左飛に倒れる中日・根尾=阪神鳴尾浜球場(撮影・山下香)【拡大】

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が10日、教育リーグ・阪神戦(鳴尾浜)に「6番・遊撃」で先発出場。実戦デビューから2試合目で、初めて遊撃の守備に就いた。

 二回先頭の第1打席はガルシアの139キロ直球に左飛に倒れたが、バットの芯にとらえてフェンス際まで飛ばした。ドリスと対戦した四回先頭では143キロ直球に、左飛に倒れた。

 守備では二回1死満塁で荒木のゴロを処理し、併殺を完成。四回、無死二塁で俊介の打球をファンブルしたが、このあと素早い対応で一塁に送球してアウトにした。五回、守備に就こうとしたが雨が激しくなり、首脳陣がストップをかけて交代。

 この日の根尾は2打数無安打に終わり、“プロ初安打”はならず。12日の教育リーグ・ソフトバンク戦(ナゴヤ)に持ち越された。

  • 2回、大きな左飛に倒れる中日・根尾=阪神鳴尾浜球場(撮影・山下香)
  • 1回、遊撃の守備に就いた中日・根尾=阪神鳴尾浜球場(撮影・山下香)