2019.3.10 10:00

JR東日本東北・大保「先頭切って」/東北スポーツ

JR東日本東北・大保「先頭切って」/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ

 社会人野球で4年ぶりの都市対抗出場を目指すJR東日本東北(宮城)は、4月加入予定の入社内定選手が合流している。

 大卒1年目の昨季、「1番・二塁」で定位置をつかんだ大保優真内野手(23)は、昨秋は社会人選抜の一員として台湾でのアジアウインターリーグに参加。「試合に出る機会が少なく悔しかった。スピードの手応えはあったが満足していない。経験を生かしたい」と前を向いた。今季は自身初の都市対抗出場を目標に「自分が先頭を切って行けたら。しっかり(予選へ)合わせたい」と意気込んだ。