2019.3.9 18:15

ヤクルト・星、4回1失点も反省「ボール先行した」

ヤクルト・星、4回1失点も反省「ボール先行した」

投球するヤクルト・星=タマホームスタジアム筑後(撮影・村本聡)

投球するヤクルト・星=タマホームスタジアム筑後(撮影・村本聡)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク4x-3ヤクルト、9日、タマホーム筑後)3年目を迎えるヤクルトの星は4回1失点だったが、「内容はあまり良くない。ボールが先行した」と反省の言葉を並べた。

 五回から登板。先頭の内川に安打を許すなど、リズムに乗れない。先発して同じ4回1失点だったスアレスと比べ、制球の不安定さが目立った。田畑投手コーチは「自分の球を操れていない。いい質の球がいく確率を上げないと、ローテーション入りは見えてこない」と手厳しかった。

大引(六回に2点打)「イメージ通りの打撃ができた。オープン戦初安打なのでうれしい」

小川監督(好投のスアレスに)「四球を出さないし、良かった」

ヤクルト・田畑投手コーチ(スアレスの開幕ローテーション入りについて)「入ってくるんじゃないですか。かなりいいものを見せてくれた」

試合結果へオープン戦日程へ