2019.3.9 05:02

「センバツ」へ対外試合解禁!国士舘は主砲・黒沢が合流

「センバツ」へ対外試合解禁!国士舘は主砲・黒沢が合流

 高校野球は8日、全国で対外試合が解禁となった。選抜大会(23日開幕、甲子園)に出場する履正社(大阪)が早速練習試合を行い、10年ぶり9度目の出場を果たす国士舘(東京)は、左足首を脱臼骨折していた昨秋の4番・黒沢孟朗(たろう)内野手(1年)が全体練習に復帰した。

 主砲の黒沢が練習に合流し、内野ノックやフリー打撃をこなした。「骨折したときは『終わった』と思ったけど、2度の手術の後は、リハビリ中に座ってティー(打撃)もやってきた。甲子園で1打席に立てることを目標にしてきた」。甲子園出場決定直前の1月12日、柔道の授業中に骨折。全治3カ月の診断だったが、昨秋の東京都大会決勝・東海大菅生戦で先制打を放った勝負強い男が戻ってきた。 (多摩市)

センバツ出場校へ歴代優勝校へ