2019.3.9 16:53

巨人・原監督「どっちがレギュラーだか分かんない」主力休養も快勝

巨人・原監督「どっちがレギュラーだか分かんない」主力休養も快勝

1回、適時打を放つ巨人・大城=京セラドーム(撮影・福島範和)

1回、適時打を放つ巨人・大城=京セラドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 巨人は9日、オリックスとのオープン戦(京セラ)に10-3で快勝した。

 前日8日の同カード(京セラ)から亀井、田中俊を除く7人のスタメンが変更。坂本勇、丸ら主力が休養した一戦で、若手中心の打線が13安打10得点。原辰徳監督(60)は8安打1得点だった前夜から打って変わっての快勝に「どっちがレギュラーだか分かんないね」と冗談を飛ばした。

 チーム最多の3安打を放った大城卓三捕手(26)は、「自分の間で打てている。結果が出てよかった。アピールするしかないので継続していきたい」と汗をぬぐった。守ってはフル出場して5投手を好リードし、存在感を示した。

 石川、山本、吉川大も2安打をマーク。昨季、守備固めや代走として1軍に定着するも打撃が課題だった吉川大は、五回に山崎福から左中間を破る三塁打を放ち、「キャンプから、追い込まれて粘れるようにやってきました。良い結果になってよかった」と振り返った。

試合結果へオープン戦日程へ

  • 2回、適時打を放つ巨人・吉川大=京セラドーム(撮影・門井聡)
  • 5回、ベンチで手をたたく巨人・原監督=京セラドーム(撮影・門井聡)