2019.3.9 18:04

広島・西川、丸抜けた3番で活躍「自分ができることやりたい」

広島・西川、丸抜けた3番で活躍「自分ができることやりたい」

3回、勝ち越し2点適時打を放つ広島・西川=福山市民球場(撮影・加藤孝規)

3回、勝ち越し2点適時打を放つ広島・西川=福山市民球場(撮影・加藤孝規)【拡大】

 (オープン戦、広島12-5DeNA、9日、福山)広島は3番の西川が、1安打2打点2四球と活躍した。4番の鈴木につなぐ重要な役割にも「僕は(鈴木)誠也が後ろにいたら楽に入れる。(重圧は)あまり考えていない。自分ができることをやりたい」と平常心を強調した。

 昨季までは、巨人に移籍した丸が3番を務めていた。誰がその穴を埋めるかが、チームの課題。東出打撃コーチは「今、西川がはまっている。(鈴木と)同学年だし、すんなりとはまってくれれば」と期待した。

緒方監督(鈴木に)「全然、問題ない」

大瀬良(開幕投手の有力候補。5回10安打3失点)「自分の感覚とボールのズレを少なくして、いい形でシーズンに入っていけたら」

会沢(2安打)「甘いところを積極的に行けた。しっかり、続けていきたい」

試合結果へオープン戦日程へ