2019.3.8 23:54

専大がロッテ2軍と練習試合 前田が5回5三振1失点/東都

専大がロッテ2軍と練習試合 前田が5回5三振1失点/東都

 東都大学野球の専大は8日、さいたま市のロッテ浦和球場で練習試合を行い、2-4で敗れた。

 現在東都リーグ2部の専大の先発右腕・前田敬太投手(3年)は、5回5安打1四球5三振1失点に抑えたもののその後の投手陣が失点し、打線の援護も2点までで敗れた。ロッテのドラフト1位ルーキー、藤原恭大外野手から空振り三振も奪った。

 1メートル84、83キロで直球の最速146キロの前田は「カーブとフォークが使えた。でも、負けてしまったし、2年の春までは東都の1部で投げていて、その後2部。この春は(2部で)優勝して、秋のリーグ戦は神宮球場の1部でやれるようにしたい」と、“戦国東都”で巻き返しを誓った。