2019.3.8 20:28

阪神・木浪が岸から適時打など2安打1打点

阪神・木浪が岸から適時打など2安打1打点

3回、適時打を放つ阪神・木浪=倉敷マスカットスタジアム(撮影・水島啓輔)

3回、適時打を放つ阪神・木浪=倉敷マスカットスタジアム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(ホンダ)が8日、楽天戦(倉敷)に「1番・三塁」で先発出場。球界屈指の好投手、楽天・岸から三回にチーム唯一の得点となる右前適時打を放つなど、2安打1打点だった。

 「思いきったスイングができているので、それが結果につながっている。1打席目ちょっとダメだったので、準備をしっかりして行こうと思った。体が反応しました」

 開幕1軍を明言している矢野監督は「スタメンっていうのも本人自身がたぐり寄せている」と目を見張り、遊撃レギュラー争いに組み込むことも示唆した。