2019.3.8 05:02(1/2ページ)

阪神・球児、硬い甲子園の新マウンド“足場固め” 3種スパイク試し履き

阪神・球児、硬い甲子園の新マウンド“足場固め” 3種スパイク試し履き

特集:
藤川球児
シートノックを受ける藤川。“足場”をしっかり固めていく(撮影・水島啓輔)

シートノックを受ける藤川。“足場”をしっかり固めていく(撮影・水島啓輔)【拡大】

 阪神・藤川球児投手(38)が、米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手(32)がアシックス社と共同開発したモデルなど“3種のスパイク”を試しながら、甲子園の新マウンドに対応していくことが7日、わかった。硬くなったマウンドに合わせ、素材や歯の本数が異なるスパイクを発注。ジャストフィットするタイプを求め、9日の日本ハム戦で今年初の聖地のマウンドに上がる。

 選び抜いた一足で新たなシーズンへ歩み出す。妥協なき追求-。藤川が甲子園の新マウンドに完全適応すべく、“3種のスパイク”を試す。

 「まあ、いろいろ試しながらね」

 甲子園は今年からマウンドの土が「ブラックスティック」という粘土質の黒土に替えられた。これまでより硬くなり、投手には、踏み込んだ時の下からの突き上げが大きくなるなど影響もある。春季キャンプから沖縄・宜野座で導入されたが、ブルペンでは多くの投手が、足もとを気にする仕草を見せていた。

【続きを読む】

  • 革底
  • ダルモデル樹脂底
  • 樹脂底
  • 練習を行う阪神・藤川=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 阪神・藤川の実戦登板成績