2019.3.8 05:03

ヤクルト・ライアン、開幕予行バッチリ!京セラで4回1失点

ヤクルト・ライアン、開幕予行バッチリ!京セラで4回1失点

小川が開幕戦の舞台、京セラドーム大阪で好投した(撮影・甘利慈)

小川が開幕戦の舞台、京セラドーム大阪で好投した(撮影・甘利慈)【拡大】

 (オープン戦、オリックス5-0ヤクルト、7日、京セラ)“予行演習”はこれでバッチリだ。ヤクルト・小川泰弘投手(28)が先発し、4回3安打1失点。すでに開幕投手(29日、対阪神)に決定している右腕が、京セラドーム大阪のマウンドで確かな手応えをつかんだ。

 「微妙な投げミスがあったり、微調整が必要ですが(京セラのマウンドで)投げられたのはよかった」

 2日の巨人戦から、あえて中4日で臨んだ開幕戦と同じ舞台だ。三回にスクイズで1点を失ったが、神宮よりも高く硬いマウンドで無四球、3奪三振。「傾斜はあるので、粘って前につっこまないように気をつけた」と順応した。

 2月の沖縄・浦添キャンプから取り組んでいる新フォームもなじんできた。昨季まで高く上げていた左脚を、自主トレから上げ幅を小さくする新投法を試していたが、この日は1球ごとに左脚の高さを変え、打者を翻弄。「フォームに関してもだんだん固まってきた」とうなずいた。

 小川監督も投球内容に「安心感は持てるかな、という印象」と納得の表情。「変化を恐れて成長はない」と語る28歳の“新・ライアン投法”が、ほぼ完成した。(横山尚杜)

小川の投球についてヤクルト・田畑投手コーチ「フォームは試行錯誤しながらやってきたけれど、吹っ切れたところがある。よかったと思う」

試合結果へオープン戦日程へ

  • 先発のヤクルト・小川=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 先発のヤクルト・小川=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 8回、投球するヤクルト・大下=京セラドーム(撮影・甘利慈)
  • 7回、投球するヤクルト・石山=京セラドーム(撮影・甘利慈)
  • 6回、投球するヤクルト・近藤=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 5回、投球するヤクルト・マクガフ=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 4回、安打を放つヤクルト・雄平=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 3回、二塁打を放つヤクルト・塩見=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • 1回、安打を放つヤクルト・山田哲=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)
  • ヤクルト・小川の阪神戦の登板成績