2019.3.8 20:33

オリックスD1位・太田 右尺骨骨幹部骨折 シーズン前半復帰絶望

オリックスD1位・太田 右尺骨骨幹部骨折 シーズン前半復帰絶望

特集:
2019新人情報

 オリックスのドラフト1位・太田椋内野手(18)=天理高=が8日、「右尺骨骨幹部骨折」と診断された。

 この日、2軍での教育リーグ・ソフトバンク戦(オセアンBS)に出場したが、千賀(ソフトバンク)から右腕付近に死球を受け、途中交代。そのまま大阪市内の病院に直行していた。その後、球団が「右尺骨骨幹部骨折」と発表。全治は約3カ月の見込みで、実戦復帰にはさらに時間がかかる見通しとなった。

 太田は9日の巨人戦(京セラ)で1軍デビューが予定されていたが、シーズン前半の復帰は絶望的となった。