2019.3.7 19:39

阪神が暴力団排除対策協議会 揚塩球団社長「暴力団の介入を断固として許さない強い意志を」

阪神が暴力団排除対策協議会 揚塩球団社長「暴力団の介入を断固として許さない強い意志を」

【プロ野球阪神】暴力団等排除対策協議会総会であいさつする阪神・揚塩健治球団社長=甲子園球場(撮影・岡田茂)

【プロ野球阪神】暴力団等排除対策協議会総会であいさつする阪神・揚塩健治球団社長=甲子園球場(撮影・岡田茂)【拡大】

 阪神は7日、甲子園球場で「暴力団排除対策協議会」を開き、揚塩健治球団社長(58)、谷本修球団副社長兼本部長(54)らが出席した。兵庫県警、兵庫県弁護士会、兵庫県甲子園警察から来賓が招かれ、暴力団排除対策について意見を交わした。

 揚塩球団社長は「監督、コーチ、選手、フロント、職員に対して暴力団の脅威を啓蒙し続けるとともに、暴力団の介入を断固として許さない強い意志を持って関係各所の皆様と連携の上、暴排活動を精力的に推進していくことが重要」と力を込めた。