2019.3.5 22:59

ソフトバンクの武田が先発で3回6失点の炎上「悔しさしかない」

ソフトバンクの武田が先発で3回6失点の炎上「悔しさしかない」

 5日の西武とのオープン戦(ヤフオクドーム)に先発した武田が3回8安打6失点。2試合連続の炎上で先発入りに黄色信号だ。

 「悔しさしかない。技術不足。(課題を)1個ずつ確認していくしか(ない)」。一回に3安打で先制され、三回は2度の連打と栗山の3ランで5失点。工藤監督は「球が走っていない感じではない」と首をかしげつつ「いい評価にならない」と合格を与えられなかった。中田も3回4失点で、先発全体の編成も難航。「苦しい状況かもしれないけどみんなで助け合って」と悩みが続く。