2019.3.5 14:19

中日・松坂、キャッチボール再開時期「そんな先にならない」

中日・松坂、キャッチボール再開時期「そんな先にならない」

 右肩炎症のため別メニュー調整をしている中日・松坂大輔投手(38)が5日、ナゴヤ球場での2軍居残り練習に参加。ネットスローの距離を最大15メートルに延ばして50球を投げた。

 2日にネットスローを再開し、3日には距離を10メートル。さらに5メートル延ばした。松坂は「自分の中でも少しずつ強度を上げられた。前進しているんじゃないですかね」と説明し、キャッチボール再開の時期について「そんなに先にはならない」と順調な回復ぶりをアピールした。

 松坂は春季キャンプ序盤にファンと接触して右肩を痛め、2月19日に愛知県内の病院で「右肩に炎症が残っており、2週間程度のノースローが必要」と診断されていた。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・松坂、キャッチボール再開時期「そんな先にならない」