2019.3.4 05:04(1/3ページ)

開幕投手はメッセ!阪神・矢野監督明言、3回4失点も「やっぱりランディ」

開幕投手はメッセ!阪神・矢野監督明言、3回4失点も「やっぱりランディ」

オープン戦に初登板したメッセンジャー。矢野監督から開幕投手を伝えられた(撮影・松永渉平)

オープン戦に初登板したメッセンジャー。矢野監督から開幕投手を伝えられた(撮影・松永渉平)【拡大】

 (オープン戦、ソフトバンク7-2阪神、3日、ヤフオクD)阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が3月29日のヤクルト戦(京セラ)で、ともに球団タイ記録(2リーグ分立後)となる5年連続6度目の開幕投手を務めることが3日、決まった。先発したソフトバンク戦(ヤフオクドーム)は3回4失点だったが、矢野燿大監督(50)の信頼は絶大で不変。試合後に「チームごと背負えるのがランディ」と明言し、本人に伝えた。

 信頼と実績だけじゃない。虎を背負う覚悟を示し続けて、メッセンジャーはついに矢野監督のハートも射止めた。2月のキャンプ中から「オレがヤル」と強い言葉を発信し続けた“日本人右腕”が、5年連続6度目の開幕投手だ。

 「グラッド(うれしいよ)。ベリーハッピー」

 ヤフオクドームでのオープン戦初登板後、矢野監督から「3・29」を託すと告げられた。新幹線で新神戸駅へ戻ると、よろこびがあふれ出た。2リーグ分立後、6度目は小山正明、江夏豊、5年連続は井川慶に並ぶ球団タイ。2つ合わされば虎史上初-。歴史に名を残すレジェンドとなる。

 「開幕はランディで行くわ」

 ここまでガルシア、西だけでなく才木、望月ら若手も含め、開幕の座を競わせてきた矢野監督は試合後、報道陣に問われる前に自ら口を開いた。

 「(決断は)今。今というか、もちろんランディが本命であることはそうだったんだけど。やっていることとか準備とか。引っ張って行こうという気持ちとか。そういうものも含めて。チームごと背負えるのって、やっぱりランディ」

【続きを読む】

  • 1回を終え、ベンチに戻る阪神・メッセンジャー=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)
  • 阪神・最近10年の開幕投手
  • プロ野球開幕戦の対戦カード
  • 6回、投球する阪神・西=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)
  • 投球する阪神・藤川=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 8回、投球する阪神・ドリス=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)
  • 2番手で登板した阪神・ガルシア=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)
  • 3回、三振に倒れた阪神・近本=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)
  • 7回、二盗を狙う走者を刺す阪神・梅野=ヤフオクドーム(撮影・森田達也)
  • 4回、ソフトバンク・甲斐の打球を好捕してダブルプレーにする阪神・マルテ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 2回、安打を放つ阪神・中谷=ヤフオクドーム(撮影・森田達也)
  • 8回、打球を処理する阪神・木浪=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 開幕投手はメッセ!阪神・矢野監督明言、3回4失点も「やっぱりランディ」