2019.3.4 05:03(2/2ページ)

阪神・西、3ラン被弾も悲観なし!「次は結果求める」

阪神・西、3ラン被弾も悲観なし!「次は結果求める」

6回を投げ終えた阪神・西=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)

6回を投げ終えた阪神・西=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)【拡大】

 松田宣に四球の後、グラシアルに内角144キロを左翼へ運ばれたが「結果論的には、もう少し厳しくいかないといけないのかもしれないですけど、(この時期に)そこまで求めすぎても、自分の投球ができなくなるので」と冷静に分析。矢野監督も「真っすぐに関しては質の良さというか。空振りも結構、取れたしね」と仕上がりには納得の表情だった。

 開幕投手に決まったメッセンジャーとの兼ね合いで、次は9日の日本ハム戦か、10日の巨人戦に登板する可能性が高まった。イニング数も増やす予定で、本人が言うようにここからは「結果」も求めながら、調整を続けていく。

 「オープン戦の数が少ないので、少ない中でもうまく調整して投げていきたい。すべては開幕からの結果だと思う。それまでの過程をしっかり自分の中で調整とかを考えてやっていきたいです」

 次回の本拠地登板から、さらにエンジンをふかす。着々と、完成度を高めていく。 (箭内桃子)

投手陣について阪神・福原投手コーチ「(メッセンジャーは)しっかり投げてくれたと思います。(開幕へ)しっかり調整してもらいたい。(西は)やることをやってもらうだけです」

試合結果へオープン戦日程へ

  • 六回、オープン戦初登板の西はグラシアルに3ランを浴びた(撮影・森田達也)
  • 6回、投球する阪神・西=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)
  • 投球する阪神・西=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • ベンチで声を出す阪神・矢野監督=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)
  • 阪神・西の実戦登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・西、3ラン被弾も悲観なし!「次は結果求める」