2019.3.4 16:34

堀内恒夫氏、巨人・炭谷は「自分の今までの経験値で持ってリードしている」

堀内恒夫氏、巨人・炭谷は「自分の今までの経験値で持ってリードしている」

堀内恒夫氏 

堀内恒夫氏 【拡大】

 プロ野球元巨人監督の堀内恒夫氏(71)が4日、ブログを更新。西武からフリーエージェント(FA)権を行使して加入した炭谷銀仁朗捕手(31)について、「自分の今までの経験値で持ってリードしているかな」と分析した。

 炭谷は今オフ、年俸1億5000万円の3年契約で西武からFAで移籍。球界屈指の守備力を武器に、2013、17年のWBCに出場した経験も持つ。堀内氏は「彼の功績は俺が改めて言うことでもないが素晴らしいものがある」と前置きした上で、「でもその経験値はパ・リーグで培ってきたものでもある」と指摘。「パ・リーグのピッチャーは総じてストレートの精度がいい。速度も力もあるがゆえにセ・リーグのように変化球を主体とする軟投派は少ない。炭谷を見ているとパ・リーグのピッチャーをリードしている姿にも見えてしまう」との見解を示した。

 正捕手候補には強肩の小林、4年ぶりに捕手に復帰した阿部、長打力と若さが武器の大城と魅力的な選手も控える。堀内氏は「炭谷も移籍したばかりで自分のことだけでも大変だと思うけどFA宣言した時の思いを忘れずにそこは奮起して頑張ってもらいたいよね」とエールを送った。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 堀内恒夫氏、巨人・炭谷は「自分の今までの経験値で持ってリードしている」