2019.3.3 17:28

西武D3・山野辺、初アーチに笑みも「まずは守備を完璧に…」

西武D3・山野辺、初アーチに笑みも「まずは守備を完璧に…」

特集:
2019新人情報

 (オープン戦、西武4-10広島、3日、長崎)西武のドラフト3位新人の山野辺(三菱自動車岡崎)がオープン戦初本塁打を放った。九回、菊池保の甘く入った直球を鋭く振り抜き、左翼席へ運んだ。パンチ力を見せつけ「感触的には行ったかなと思った。オープン戦で初めての安打というのもあって、うれしい」と笑みを浮かべた。

 ただ、二塁の守備では反省も残った。七回1死満塁での遊ゴロから併殺を狙ったが、送球の素早さを欠き、失点を招いた。開幕1軍へ向け「まずは守備を完璧にこなしてから打撃につなげられるようにしたい」と表情を引き締めた。

辻監督(本塁打の山野辺に)「内野の争いが厳しい中、結果を出さなきゃというところ。当然うれしいだろう。守備でも走塁でも、仕事をしないと若手は生き残っていけない」

郭俊麟(先発で4回2失点)「四球が1個しかなかったのは良かった。ただ、カウント有利のところで勝負できなかったのは反省点」

佐藤(ドラフト7位新人。オープン戦初安打となる二塁打)「初球から積極的に振っていかないと結果が出ないと思っていった。打った感触は良かった」

試合結果へオープン戦日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武D3・山野辺、初アーチに笑みも「まずは守備を完璧に…」