2019.3.2 05:03

巨人・上原、開幕間に合う!左膝順調に回復「もうほぼ気にせずやっています」

巨人・上原、開幕間に合う!左膝順調に回復「もうほぼ気にせずやっています」

特集:
上原浩治
ランニングメニューをこなす上原。表情は明るい (撮影・赤尾裕希)

ランニングメニューをこなす上原。表情は明るい (撮影・赤尾裕希)【拡大】

 巨人2軍と1軍の一部投手陣が1日、川崎市のジャイアンツ球場で練習した。2軍調整中の上原浩治投手(43)はブルペンで41球を投げるなど、順調な調整ぶり。9日の春季教育リーグ、ロッテ戦(ジャイアンツ球場)で今季初実戦に臨むことも明らかになった。

 「バッティングピッチャーとかそういうのもやらしてもらっているので、キャンプ中から。そこでバッターが立っているので、そんなに違和感みたいなものはないと思いますけどね」

 言葉には、どこか充実感がのぞいた。上原は昨季、10年ぶりに日本球界に復帰。日本では初の「トリプル100」(100勝、100ホールド、100セーブ)を達成するなど、36試合で0勝5敗14ホールド、防御率3・63。だが、昨年10月にシーズン中から痛めていた左膝のクリーニング手術を受け、一時は自由契約になっていた。

 それでも今春のキャンプではブルペン投球や、フリー打撃に登板するなど順調に回復。患部の状態は「もうほぼ気にせずやっています」。このまま段階を踏めば、3月29日の開幕戦(対広島、マツダ)に間に合う可能性も高まってきた。

 「自分の中ではいつでもいけますけど、それは上(首脳陣)が決めることなので」と上原。沢村が先発に転向し、マシソンも開幕に間に合わない現状で、ベテラン右腕の存在は頼もしい。5年ぶりのV奪回へ、背番号19は必ずや1軍のマウンドに戻ってくる。 (赤尾裕希)

上原について巨人・三沢ファーム投手コーチ「順調だと思います。(春季キャンプの)1カ月で、膝の回復も、肩のでき具合も上がってきていると思うので」

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・上原、開幕間に合う!左膝順調に回復「もうほぼ気にせずやっています」