2019.2.28 10:01(1/2ページ)

聖光“最強世代”の4番・須田、富士大で山川化!/東北スポーツ

聖光“最強世代”の4番・須田、富士大で山川化!/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
富士大へ進学する聖光学院・須田。数々の名選手を輩出している強豪で、プロを目指す(撮影・葉山理)

富士大へ進学する聖光学院・須田。数々の名選手を輩出している強豪で、プロを目指す(撮影・葉山理)【拡大】

 高校野球の名門・聖光学院(福島)の強打者、須田優真内野手(3年)が、春から富士大(岩手)へ進学する。度重なるけがを乗り越え、抜群の長打力で“史上最強”と呼ばれたチームを牽引(けんいん)。3年時には甲子園春夏連続出場、春は5番、夏は4番を務めた。北東北大学リーグ10連覇中の強豪で鍛え上げ、4年後のプロ入りを目指す。

 山あり谷あり。波瀾(はらん)万丈の高校3年間を、須田はしみじみと振り返った。

 「あっという間だった、という印象が強い。野球以外にもいろいろと教わって成長できた。充実した3年間だった」

 けがと戦い続けた高校生活。「入学前は、自分がけがをして手術することになるなんて、全く頭になかった」。1年秋から4番を打つなど期待されたが、右肘を疲労骨折。同年の12月、2年の3、5月と計3度も手術した。2年の7月には紅白戦で左膝を負傷。靱帯(じんたい)を損傷し、夏の大会ではベンチからも外れた。

 「一番しんどかったのは、膝を痛めたとき。大会前だったので、つらかった。自分は何をやっているんだろう、と落ち込んだ」

 それでも「いろんな方向から(野球を)見られるようになったし、当たり前にプレーできる喜びが大きくなった」と苦しい時期を無駄にはしなかった。

 けがから復帰後は、“最強世代”と呼ばれたチームの主軸打者として活躍。2017年秋に東北大会を初めて制覇し、センバツに出場。昨夏の福島大会では、戦後最長の12連覇を達成した。

【続きを読む】

  • 強豪・富士大へ進学する右の強打者・須田。聖光学院では度重なるけがを乗り越えた(撮影・葉山理)
  • 西武・山川穂高
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 聖光“最強世代”の4番・須田、富士大で山川化!/東北スポーツ