2019.2.24 05:03(1/2ページ)

巨人・吉川尚、1番やり!2盗塁だ2安打だ 原監督絶賛「ずっと存在感ある」

巨人・吉川尚、1番やり!2盗塁だ2安打だ 原監督絶賛「ずっと存在感ある」

2安打に加えて足でも魅了。一回には早速、二盗に成功した (撮影・福島範和)

2安打に加えて足でも魅了。一回には早速、二盗に成功した (撮影・福島範和)【拡大】

 (オープン戦、巨人3-6楽天、23日、那覇)巨人が23日、楽天とのオープン戦初戦(沖縄セルラー)に3-6で敗れた。「1番・二塁」で起用された吉川尚輝内野手(24)は、2安打2盗塁と躍動。“初陣勝利”とはならなかった原辰徳監督(60)だが、2019年打線のリードオフマンとして、バットと足で見せ場をつくった3年目の正二塁手候補に高評価を与えた。

 スイングにも、足の運びにも迷いがない。吉川尚が、チャンスメーク能力の高さを“開幕戦”から証明した。

 「スタートを切れたら、どんどんいこうと思っていた。積極的にいけたのでよかった。僕が相手バッテリーにプレッシャーを与えられたらいい」

 打っては一回に投手強襲の内野安打、三回に中前打を放つなど3打数2安打をマークした。さらに2度の二盗も決め、三回には暴投の間に二塁から三進するなど、相手のわずかな隙も見逃さなかった。2番・丸、3番・坂本勇、4番・ゲレーロのクリーンアップにつなげる1番打者として、バットと足で得点機を演出した。

【続きを読む】

  • 1回内野安打を放つ巨人・吉川尚。投手は楽天・森=沖縄(撮影・福島範和)
  • 3回、中前打を放つ巨人・吉川尚=沖縄(撮影・福島範和)
  • 3回、中前打を放つ巨人・吉川尚=沖縄セルラー
  • 3回、二盗に成功する巨人・吉川尚(左)=沖縄(撮影・福島範和)
  • 3回、適時打を放つ巨人・ゲレーロ=沖縄(撮影・福島範和)
  • 先発の巨人・菅野=沖縄(撮影・荒木孝雄)
  • 7回、登板した巨人・坂本工=沖縄(撮影・荒木孝雄)
  • 7回、代打で中飛に倒れる巨人・阿部=沖縄セルラー
  • 5回巨人・丸が右安打を放つ=沖縄(撮影・荒木孝雄)
  • 6回、ソロ本塁打を放つ巨人・陽岱鋼=沖縄(撮影・福島範和)
  • 2回、左安打を放つ巨人・ビヤヌエバ=那覇(撮影・荒木孝雄)
  • 巨人・今季の1番候補を比較!
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・吉川尚、1番やり!2盗塁だ2安打だ 原監督絶賛「ずっと存在感ある」