2019.2.23 16:05

【試合結果】阪神・高山、バックスクリーンへ意地の一発!オープン戦黒星発進

【試合結果】

阪神・高山、バックスクリーンへ意地の一発!オープン戦黒星発進

特集:
高山俊
8回、本塁打を放つ阪神・高山=沖縄(撮影・山田喜貴)

8回、本塁打を放つ阪神・高山=沖縄(撮影・山田喜貴)【拡大】

 阪神はシーズン開幕戦(3月29日、京セラ)であたるヤクルトに3-8で敗れた。

 一回、阪神は先頭の北條が三塁強襲の内野安打で出塁すると、糸原が中前打で続く。さらにナバーロが右前へと運んで幸先良く先制。大山の三塁併殺打の間に三走・糸原が生還して、追加点を奪った。続くマルテはブキャナンの甘いチェンジアップをとらえたが、中飛。

 阪神の先発は高卒3年目の才木。自身も開幕投手を目指す右腕は先頭の坂口に左前にポトリと落ちる不運な安打を許す。しかし、続く青木をストレートで二ゴロ、山田哲もストレートで遊ゴロ、最後はバレンティンを115キロカーブで遊ゴロに仕留め、無得点。上々の立ち上がりをみせた。

 才木は二回、先頭の雄平に右前打を許す。村上にはストライクが入らずに四球。西浦にも粘られて四球で無死満塁のピンチを招く。中村悠の犠飛で1点を失い、塩見を左飛に打ち取ったが、坂口には中前打で2点目。青木にも左前打で再び満塁のピンチ。山田哲を左飛に仕留めたが、あわやスタンドインという大きな当たりだった。

 三回、ヤクルトは高梨が登板。先頭の江越は初球の外角高めストレートをとらえて、左翼線へ二塁打。続く北條は右飛。ここで二走の江越がタッチアップを試みるが、右翼・雄平の好送球で走塁死。糸原が二ゴロに倒れて、チャンスをモノにできなかった。

 才木は三回、先頭のバレンティンに痛烈な左前二塁打。三塁線に飛んだが、大山が取れなかった。バレンティンに代走・渡辺が送られる。続く雄平は右前打で無死二、三塁。村上は空振り三振に打ち取ったものの、続く西浦の一ゴロの間に三走が生還。1点を勝ち越された。

 才木は四回、先頭の塩見に中前打。この回の守備から出場した左翼・近本が追ったが、わずかに届かない不運な当たり。とはいえ、これで毎回先頭打者を出したことになり、なかなかリズムに乗れない。

 続く代打・広岡には高めの直球をバックスクリーンへ運ばれる2ラン。一死の後、代打・太田には右翼線へ三塁打。渡辺に左犠飛も許して6失点目。課題の残る内容となった。

 阪神は五回、2番手の飯田が登板。先頭の村上を外角低めのスライダーで空振り三振とすると、西浦に左前打を浴びたものの、中村悠は投ゴロ併殺。ようやくヤクルトの攻撃を0点に抑えた。

 阪神は六回二死から代打でD3位・木浪聖也内野手(ホンダ)が登場。今春キャンプで存在感を示しているルーキーが流れを変えるかと思われたが、近藤のスライダーに泳がされて右飛に終わった。

 阪神はこの回から伊藤和が登板。キレのいい直球とスライダーのコンビネーションで三者凡退に抑えた。 

 阪神は七回、石山の前に三者凡退。この回から馬場が登板。先頭の太田は一ゴロ。代打・宮本に四球を出すと、代打・荒木に高めのストレートを左翼席まで運ばれ、2失点。

 阪神は八回、先頭の高山がこの回から登板した大下の初球、高めの外角シュートをとらえてバックスクリーンへ。今春の実戦で初本塁打を放ち、意地を見せた。

 阪神は九回一死、木浪が左中間を深々と破る二塁打で出塁。大山は遊ゴロに倒れたが、近本が右前打で二死二、三塁。板山も四球を選んで満塁。ここで島田の打球は左中間の深いところへ飛んだが、中堅・塩見がフェンス手前でキャッチしてゲームセットとなった。

試合結果へオープン戦日程へ

 

  • 8回本塁打を放ち、矢野監督とハイタッチする阪神・高山(左)=沖縄(撮影・山田喜貴)
  • 先発の阪神・才木=沖縄(撮影・水島啓輔)
  • 1回、適時打を放つ阪神・ナバーロ=沖縄(撮影・水島啓輔)
  • 3回、二塁打を放つ阪神・江越=沖縄(撮影・山田喜貴)
  • 5回投球する阪神・飯田=沖縄(撮影・中井誠)
  • 6回投球する阪神・伊藤和=沖縄(撮影・中井誠)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【試合結果】阪神・高山、バックスクリーンへ意地の一発!オープン戦黒星発進