2019.2.22 05:03(1/2ページ)

虎投は「盤石!」阪神・矢野監督、コイ斬り0封リレーにニンマリ

虎投は「盤石!」阪神・矢野監督、コイ斬り0封リレーにニンマリ

実戦デビューで1回をピシャリと抑えたジョンソン。頼もしい存在だ(撮影・水島啓輔)

実戦デビューで1回をピシャリと抑えたジョンソン。頼もしい存在だ(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (練習試合、阪神5-0広島、21日、沖縄・宜野座)阪神は、6人の継投で広島との練習試合に零封勝ち。矢野燿大監督(50)は、実戦初登板で1イニングを三者凡退に抑えた新外国人のピアース・ジョンソン投手(27)=前米大リーグ・ジャイアンツ=の投球内容に「自分の投球をしっかりしていた」とうなずいた。一方、先発候補が次々と崩れた広島・緒方孝市監督(50)は渋い表情だった。

 頼もしいベテランも、売り出し中の若手もスイスイと「0」を並べていく。そしてジョンソンも、鯉のクリーンアップを堂々とねじ伏せた。久々に顔を出した照りつける太陽の下に、矢野虎の投の充実ぶりだけがクッキリ浮かび上がる。最速148キロの3人斬り発進の新助っ投に、矢野監督も大きくうなずいた。

 「十分じゃないですかね。自分の投球をしっかりしていましたし、自分のペースでしっかり投げられていましたので。期待を持てるなという内容でしたね」

 昨季までイヤと言うほど躍動を許してきた真っ赤なユニホームを沈黙させた。岩貞が2イニングを0封。2番手の能見が三回を8球で片付け、3-0の四回にジョンソンの登板が巡ってきた。

 3番のバティスタは右飛、4番の鈴木も左飛に押し込んだ。松山には148キロをマーク。グッと鋭く速く曲がる自慢のパワーカーブも織り交ぜ、一ゴロに料理。主力相手に圧巻の12球だった。

 本人も涼しい顔だ。「いい形で試合に臨めて結果が出て大きな自信になる。シーズンに向けて戦う準備ができた」。さらに「カットボールは投げていなくて、カーブとチェンジアップを1球だけ投げた」と“隠し球”があったこともほのめかした。なんたる余裕。そして、この男が加わった虎投の、なんたる頼もしさ。主力が出場した鯉の沈黙を目の当たりにし、巨人・田中スコアラーも「阪神のピッチャーは本当に盤石ですね」とうならざるを得なかった。

【続きを読む】

  • 練習試合とはいえ、カープ打線を封じ込めた投手陣に、矢野監督も納得の表情
  • 九回、投球する阪神・浜地真澄
  • 六回、投球する阪神・望月惇志
  • 五回、投球する阪神・桑原謙太朗
  • 三回、投球する阪神・能見篤史
  • 一回、阪神の先発・岩貞祐太
  • 4回、登板する阪神・ジョンソン=沖縄(撮影・門井聡)
  • 8回、投球する阪神・浜地=沖縄(撮影・水島啓輔)
  • 1回、先発の阪神・岩貞=沖縄(撮影・門井聡)
  • 試合前、握手をする阪神・矢野監督(左)と広島・緒方監督=沖縄(撮影・門井聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 虎投は「盤石!」阪神・矢野監督、コイ斬り0封リレーにニンマリ