2019.2.22 08:00

【若松勉 キャンプCHECK】ヤクルト・村上、1打席目初球打ちヒットに成長感じた

【若松勉 キャンプCHECK】

ヤクルト・村上、1打席目初球打ちヒットに成長感じた

2回、二塁打を放つヤクルト・村上=沖縄(撮影・中井誠)

2回、二塁打を放つヤクルト・村上=沖縄(撮影・中井誠)【拡大】

 (練習試合、ヤクルト3-3DeNA、21日、沖縄・浦添)村上の1打席目に成長を感じた。初球、内角低めの直球を強振して右翼線二塁打。初球から積極的にいくのはいいことだが、ファウルになる可能性も高い。それがヒットになるのが、昨年より伸びているところだ。

 バックネット裏の一塁寄りで見ていたから、目の前はヤクルトのネクストバッターズサークル。2打席目の直前、目と目が合った村上に手を振ると、笑っていた。いい意味で余裕が出てきたんじゃないか。直後の打席はフルカウントから内角直球を見送って四球。選球眼もいい。三塁の守備と走塁も日々勉強だ。

 山田哲は2打数無安打でも、体の芯がしっかりしている。ゲームに出て勘を取り戻し、少なくとも(トリプルスリーを達成した)昨年と同じくらいは打つだろう。打線はバレンティン、青木、雄平の外野陣に若い子がどれだけ入ってくるかだ。

 気になったことがひとつ。2ストライクからハーフスイングで空振り三振に倒れた広岡が、球審の判定に不服そうな表情をしていた。スイングをとられたのは、下半身が弱くてバットを止めきれないから。パンチ力のあるいい選手だから、あえて苦言を呈したい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

キャンプ日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【若松勉 キャンプCHECK】ヤクルト・村上、1打席目初球打ちヒットに成長感じた