2019.2.21 18:15

侍・稲葉監督が絶好調「台湾の大王」を警戒

侍・稲葉監督が絶好調「台湾の大王」を警戒

特集:
侍ジャパン
楽天-日本ハムの練習試合を視察に訪れた日本代表・稲葉監督=沖縄(撮影・大橋純人)

楽天-日本ハムの練習試合を視察に訪れた日本代表・稲葉監督=沖縄(撮影・大橋純人)【拡大】

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(46)が21日、スタッフとともに楽天-日本ハムの練習試合(金武町)を視察。一回に右越え二塁打を放つなど2打数2安打と活躍した『台湾の大王』こと王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)=前台湾ラミゴ=の絶好調ぶりに脱帽した。

 「やっぱりいい打者ですね。甘い球は逃さないと言いますか…とにかくいい打者ですよ」

 自身の古巣である日本ハムの新加入選手の活躍は喜ばしいところだが、複雑な思いもある。11月に行われる「プレミア12」では、台湾と1次ラウンドで同組となり、王は敵軍の「主砲」となることが有力だ。

 「日本のプロ野球のなかでは頑張ってもらいたいなという思いもありますが、私の立場はジャパンの監督なので…。彼をどうやって抑えていけるか、この1年間しっかりと見ていきたいと思います」と稲葉監督。日本ハムOBと、侍ジャパンの監督という2つのまなざしで、『大王』を徹底マークする。

キャンプ日程へ

  • 1回、二塁打を放つ日本ハム・王=沖縄(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 侍・稲葉監督が絶好調「台湾の大王」を警戒