2019.2.21 05:04(1/2ページ)

DeNA・D1上茶谷が2回完全デビュー!自己採点「60点」とは恐るべし

DeNA・D1上茶谷が2回完全デビュー!自己採点「60点」とは恐るべし

特集:
2019新人情報
上茶谷(中央)は藤原(左)を三ゴロに打ち取り、“ドライチ対決”を制した(撮影・斎藤浩一)

上茶谷(中央)は藤原(左)を三ゴロに打ち取り、“ドライチ対決”を制した(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (練習試合、DeNA5-3ロッテ、20日、沖縄・宜野湾)DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手(22)=東洋大=が20日、ロッテとの練習試合(宜野湾)に先発で実戦初登板を果たし、自己最速タイとなる152キロをマークした。2回を投げて走者を一人も許さない完全投球を披露。即戦力と期待される右腕が圧巻投球で、開幕ローテーション入りへ大きくアピールした。試合は5-3で勝ち、対外試合3連勝とした。

 いつもの“儀式”だ。気温23度、曇天の宜野湾で上茶谷は腹に力を入れ、うわずる気持ちを落ち着かせた。即戦力右腕が、実戦初登板で堂々の投球を披露した。

 「学生時代から、いつも試合前のブルペンでは緊張するんですけど、マウンドに立つと解ける。気持ちを整理して、自分の出せることを出そうと思いました」

 一回に先頭打者を1球で三飛に仕留めると、続く打者はD1位・藤原(大阪桐蔭高)だ。「意識しました。打たれたら…と思って」。相手の黄金ルーキーの引き立て役にはなるまいと、自己最速タイの152キロをマークするなど三ゴロに打ち取った。

 二回にはロッテの誇る巨漢コンビと対した。昨季24本塁打、99打点の4番の“アジャ”こと井上を切れのあるカットボールで空振りを奪い、3球三振に。メジャー通算35本塁打のバルガスには「(スタンドに)入ったと思いました」という大飛球を浴びたが、フェンス間際で中堅・桑原が好捕。「1球も気を抜けないのが分かった」と反省したが、終わってみれば2回、打者6人を20球で“料理”した。

【続きを読む】

  • 好投するDeNA先発・上茶谷大河=沖縄・宜野湾(撮影・斎藤浩一)
  • 好投する先発のDeNA・上茶谷=沖縄(撮影・斎藤浩一)
  • 2回好投し三浦投手コーチ(左)とグータッチする先発のDeNA・上茶谷=沖縄(撮影・斎藤浩一)
  • 3回、死球を受けたDeNA・筒香=沖縄(撮影・斎藤浩一)
  • 3回、死球を受けベンチに下がったDeNA・筒香=沖縄(撮影・斎藤浩一)
  • 2回、適時打を放つDeNA・大和=沖縄(撮影・斎藤浩一)
  • 2回、右安打を放ったDeNA・中井=沖縄(撮影・斎藤浩一)
  • 4回、適時打を放ったDeNA・神里=沖縄(撮影・斎藤浩一)
  • 5回、好投するDeNA・国吉=沖縄(撮影・斎藤浩一)
  • 2回、生還した佐野(右)を迎える(左から)DeNA・中井、宮崎、筒香=沖縄(撮影・斎藤浩一)
  • 上茶谷大河の全対戦結果
  • DeNA・今季の開幕ローテ候補
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA・D1上茶谷が2回完全デビュー!自己採点「60点」とは恐るべし