2019.2.20 10:00(1/2ページ)

輝星に続く「田舎からプロに」!駒大進学の八戸学院光星・福山「自分もああなりたい」/東北スポーツ

輝星に続く「田舎からプロに」!駒大進学の八戸学院光星・福山「自分もああなりたい」/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
故郷の八戸を離れ東都大学リーグの駒大へ進む福山。神宮の杜で結果を出しプロ入りを目指す(撮影・井上幸治)

故郷の八戸を離れ東都大学リーグの駒大へ進む福山。神宮の杜で結果を出しプロ入りを目指す(撮影・井上幸治)【拡大】

 昨夏の甲子園に出場した八戸学院光星高(青森)の福山優希投手(18)が、今春に東都大学リーグの強豪・駒大へ進学する。地元・八戸市で育ち、2年時からチームのエースナンバーを背負った最速145キロ右腕は“戦国東都”での活躍と4年後のプロ入りを目標に掲げ、同じ秋田市出身でライバルだった日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=へ追いつくと誓った。

 伸ばしていた髪を刈り込んだ。駒大へ進む福山が気合の丸刈りで、決意をにじませた。

 「大学では将来プロになれる力を付ける。できるだけ早く神宮デビューし、大事な試合を任される投手になりたい」

 福山は小学2年時に八戸市で野球を始めた。「八戸学院光星で背番号1を着けたい」と同校へ進学。2年春からエースの座をつかんだ。

 夢は高校卒業後即のプロ入り。だが、初の甲子園登板となった昨夏の1回戦・明石商戦で5回5失点。2回戦の龍谷大平安戦でも2回0/36失点と苦しみ「小さな青森の中でしか(自分の力を)みていなかった。まだまだ力が足りない」と痛感。

 その後、駒大の練習に参加し「高校野球以上に野球に打ち込める環境と感じた」。東都1部リーグで27度の優勝を誇る名門への進学を決めた。

 初めて青森を離れ、全国の強豪校から選手が集う中でプレーする。「高校3年間も関西の人が多かったり、いろんな出会いがあってすごく楽しかった。大学も楽しみ」と胸を躍らせる。現在は「駒大はすごく走ると聞いた」と毎日欠かさずスクワットを続け、下半身を強化している。

【続きを読む】

  • 駒大での活躍へ、ネットへ向かった投球でフォームをじっくり確認
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 輝星に続く「田舎からプロに」!駒大進学の八戸学院光星・福山「自分もああなりたい」/東北スポーツ