2019.2.20 20:29

「オリのラオウ」杉本、久々に剛掌波炸裂

「オリのラオウ」杉本、久々に剛掌波炸裂

 オリックス・杉本裕太郎外野手(27)が20日、紅白戦で豪快な一発を放った。

 白組の「5番・右翼」で出場すると、四回2死走者なしの第2打席。榊原の直球をとらえ、左中間深くまで運んだ。打球は球場後方の杉林に消える推定140メートル弾。座右の銘が北斗の拳の登場キャラ、ラオウの名ゼリフ「わが生涯に一片の悔いなし」でオリのラオウと呼ばれる杉本は、「久々に改心の(北斗)剛掌波(北斗の拳の技名)、出ました」と笑みを浮かべた。

 昨季は2013年のホフパワー(当時日本ハム)以来、プロ野球史上8人目、球団初となる出場2試合連続の満塁本塁打など快挙を成し遂げたが、その後、9月2日の西武戦(京セラ)の打席で左手小指付近に投球を受け、「左第5中手骨の骨折」。2軍でのリハビリ生活を強いられた。

 見事復活を果たした“拳王”に、西村監督も「ラオウも完璧だった。外野は競争が激しい」と評価した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. 「オリのラオウ」杉本、久々に剛掌波炸裂